Breaking News

1docomo.jpへようこそ。

このサイトではギャンブルやギャンブルゲームについて学べます。最新ゲームやギャンブル場などに関する情報をゲットして、夢中になれるお気に入りのゲームを見つけましょう。また、有名なギャンブラーがどうやって達人になったのかも知ることができます。

最新記事

あなたが知らなかったカジノにまつわる25の不思議

業界一の老舗オンラインカジノ「インターカジノ」でプレイ開始!

1. 自主的にカジノから出入禁止になることができる。自分のギャンブル依存をコントロールできないという自覚がある場合、自らを出禁にしてもらうことが可能です。

2. 長時間プレイすれば、無料ドリンクがもらえる。使うお金が少ないほど、無料ドリンクがもらえる可能性は低いです。

3.ギャンブル中毒者の中には、テーブルやスロットマシンから去りたくなく床に放尿する人がいる。 

4. 世界最小のカジノはロンドンのタクシーの後部座席に設けられたもの。ゲームテーブル、ディーラー、バーテレビまで揃っていますが、住所はありません。

5. カジノの「パーティー・ピット」では通常ハウスエッジ(カジノの控除率)が2ペイアウト率(還元率)がずっと低くなっている人がラスベガスに抱く固定観念具現化されたような、気晴らしの場にすぎません。

6. ほとんどのカジノには時計も窓もない。

7. ディーラーが客に同情するときもある。負けたお金を取り戻せないときわかるのです。

8. リチャード・ニクソン元大統領はカードゲームで買ったお金を選挙運動の費用に充てた。

9. ネバダには囚人用のカジノがある州刑務所がある。

10. 世界初のスロットマシンが置かれた場所はカジノではない。発明者は自分の自動車修理店で修理を待つ客のためにスロットマシンを作りました。

11. かつてスロットマシンはフルーツ味のキャンディを出していた。これでスロットマシンのリールにフルーツの絵が描かれている理由がわかりましたね。

12. ディーラーはカジノ側で用意されたポケットなしの服装を着なければならない。

13. ある船乗りルーレット27回連勝26800万ドルを儲けた。

14. ルーレットのホイール上の数字をすべて足すと666になる。

15. 世界のギャンブルのメッカはラスベガスだけではない。世界最大のギャンブル都市はマカオで、中国領内で唯一カジノが合法な場所です。

16. ディーラーはテーブルを去る前に自分の手をカメラに向かって見せなければならない。

17. カジノで利用できる有料プライベートエンタテイメントがある。取引がカメラ上で完了すれば問題となりません。

18. チップは汚い。チップを扱った際には手を洗うとよいでしょう。

19. アリストテレスはサイコロの目の確率と自分に有利に活用するための指南をまとめている。

20. サンドイッチはカジノで発明された。伝説によると、テーブルから離れたくなかったギャンブル狂が、パンに肉をはさんだものを持ってくるよう使用人に命じたということです。

21. カジノでは、あなたが思うよりずっと多く自殺が試みられている。

22. マサチューセッツ工科大学の学生ブラックジャックで合法な数学的な手法を用いて何百万ドルも儲けた。

23. ラスベガス初のカジノ免許は女性に発行された。

24. 史上最大の大当たりはわずか100ドルを投じて3900万ドルを勝った男性によるもの。

25. カジノはあなたの手が見えている。一面に設置された監視カメラで、あなたの一挙手一投足を追跡できます。

カジノではフロアに酸素を放出しているって本当?

パフォーマンスとしては面白いでしょうが、答えはまったくのノーです。カジノで酸素を放出しているかどうかという疑問はこれまでも噂となってきました。プレイヤーたちが何時間も精力的にプレイを続けるため、もっともらしい話として出回っています。この作り話のもう一つの出どころとしては、マリオ・プーゾの Fools Die という小説に出てくる架空のカジノがこれを行っている設定になっていることです。

本の中で起きていることが現実世界でも起きていると信じ込まされてしまったのです。カジノがフロアに酸素を供給しているから長時間のプレイが可能となっているのだと誤って信じている人は、今が正しい知識を得るチャンスです。