2015年から開始された、ドコモ光の新しいサービス。
ドコモ光は、品質もインターネットの速度も従来のサービスとほとんど変わらないのに、プランによってはお得に利用が出来るというのが、ドコモ光の魅力の一つです。

でも、気がかりなのが、初心者だととくに聞きなれない「ドコモ光のプロバイダ選択」。

「インターネットをつなぐときに必要な何か」ということはみなさんご存知でしょうが、その仕組みや内容がよくわからなくて困ることも多いのでは?

そこで今回は、ドコモ光とプロバイダについてわかりやすく紹介していきます。

目次

1,ドコモ光でインターネットにつながる仕組み
2,「スマホ」はプロバイダ契約をしていないのに、どうしてネットがつかえるの?
3,ドコモ光とフレッツ光の違い
4,ドコモ光と提携プロバイダ
5,ワンポイント:ドコモ光でプロバイダを選ぶ時はここに注意

 

インターネットにつながる仕組み】

インターネットがつなぐには、まずはインターネットにアクセスするための回線が必要になります。これを、「光回線」といいます。この光回線には、「フレッツ光」や「ドコモ光」があります。

パソコンと光回線をつないでくれる窓口役になるのが、プロバイダです。

自宅のパソコンやタブレットと光回線の仲介役のようなものですから、ドコモ光でインターネットの接続をするときも必要になります。

さて、このプロバイダですが、簡単に説明するとインターネットの接続業者のことをいいます。そのため、ドコモ以外にもSo-net、OCNのように数多くの事業者がいます。

一見わかりにくいプロバイダの料金やサービス違いですが、その理由は提供する事業者の違いにあるともいえるでしょう。

【「スマホ」はプロバイダ契約をしていないのに、どうしてネットがつかえるの?】

スマートフォンや携帯電話でも、インターネットにつなぐことが出来ます。その多くは、パソコンやタブレットのように改めてプロバイダ契約をしなくても、すぐにインターネットが使えるようになりますよね?ということは、契約なくてもインターネットに使えるのでしょうか?

実は、スマートフォンや携帯電話の場合でも、きちんとプロバイダ契約があります。

例えばドコモで契約をした場合、この時のプロバイダはキャリアであるドコモになります。このように、インターネットを使う場合には、必ずプロバイダが必要になります。

【ドコモ光とフレッツ光の違い】

ドコモ光とフレッツ光は、どちらも光回線です。まずは、簡単にその違いについて説明します。

●フレッツ光
NTT東日本・NTT西日本が提供する通信サービスのことを言います。光回線は、NTTがお客様へ直接販売します。

●ドコモ光
フレッツ光を活用した通信サービスのことを言います。NTTが卸売した光回線を、ドコモ光が独自でお客様へ販売します。

このように、ドコモ光ではフレッツ光をベースにして、ドコモオリジナルの光回線サービスを行っているため、設備はフレッツ光と同じになります。また、インターネットの速度(回線速度)も同じです。

その代り、ドコモ独自のサービスを提供できるため、お客様によってはフレッツ光よりも安い料金で、ドコモ光をご利用いただくことが出来るようになります。

【ドコモ光と提携プロバイダ】

ドコモ光では、3つのタイプのプロバイダがあります。

●タイプA

3つのタイプのうち、料金が一番安いのがタイプAです。ドコモ光がお客様へ請求する料金には、提携するプロバイダの料金が含まれています。ですから、コスト重視で選ぶなら、タイプAが断然お得です。

■タイプAの主なプロバイダ
・gmo
・ビッグローブ
・楽天ブロードバンド
・エディオンネット
・ぷらら

●タイプB

タイプBは、タイプAの次に料金が安いのが魅力です。タイプA同様、ドコモ光の料金にプロバイダ料金が含まれています。

■タイプBの主なプロバイダ

・ソネット
・ニフティ
・OCN
・アサヒネット

●単独型

タイプA、タイプB以外のプロバイダの場合を、単独型といいます。単独型の場合、ドコモ光の料金には、プロバイダの料金は含まれません。また、利用するプロバイダによって料金が異なる為、お客様自身での料金の比較は重要になってきます。

【ワンポイント:ドコモ光でプロバイダを選ぶ時はここに注意】

ドコモ光は、ドコモユーザー向けに提供する光回線サービスです。
ですから、スマートフォンや携帯電話をドコモで契約している場合は、お得な割引プランが充実しています。

ところが、ドコモ光の提携プロバイダの中には、独自の光コラボを持っている事業者もいます。そのため、ドコモ以外の格安スマホとセットにするとお得な割引サービスも提供しています。(主に、ビッグローブやソネット、ニフティなどがこの例です)

ですから、「携帯電話の料金とセットで割引」といっても、各事業所のサイトなどで詳しく契約内容をチェックしなければ、本当にお得かどうかが分かりづらいという点もあります。

また、すでに利用しているプロバイダから別のプロバイダに変更する場合、事務手数料や解約手数料などが発生する可能性があります。こういった解約に関する規定は、プロバイダごとに違いますので、申込契約書や公式サイトなどできちんと確認しておくことが大切です。

【まとめ】

従来通りの品質と速度のまま、利用するプロバイダによって充実した割引サービスが受けられるのが、ドコモ光の魅力の1つです。

「インターネットがつながる仕組み」「フレッツ光とドコモ光の違い」「ドコモ光の3タイプのプロバイダの特徴」がわかったら、さらに細かくチェック!

次は、「ドコモ光とプロバイダの気になる速度」について、詳しくチェックしていきましょう。

万が一遅かったらポイントバック!【GMOとくとくBBのドコモ光】

【ドコモ光とプロバイダ】の気になる料金】

【前書き】

インターネットを快適な環境で楽しむには、速度などの品質も大切なポイントですが、ユーザーとして気になるのは、そのお値段。

ドコモ光では、ご利用のお客様が、快適でお得にご利用いただけるよう、充実したサービスをご用意しています。でも、一番大切なことは、どのプランが自分にとって最適なのかというところですよね?

そこで今回は、ドコモ光とプロバイダの気になる料金について、わかりやすく紹介していきます。

目次

1, プロバイダのタイプには2種類ある
2, 料金を比較するには、自宅のタイプも関係してくる
3,ドコモ光とプロバイダの料金はこんなに分かりやすい!
4,ドコモユーザーならさらにお得!ドコモ光パック

【プロバイダのタイプには2種類ある】

インターネットを楽しむために必要になるプロバイダですが、実は2つのタイプがあります。

●回線・プロバイダ一体型タイプ
光回線もプロバイダも1つの事業者が行っているタイプのことを言います。支払いが別々になることもないので、料金体系はとても分かりやすいです。

●ホールセールタイプ
ドコモ光を使って提携しているプロバイダを契約する場合は、このタイプになります。支払いは一括でもできますが、その場合、内訳では「(回線利用料)+(プロバイダ利用料)」となります。

【料金を比較するには、自宅のタイプも関係してくる】

継続してインターネットを使いたいなら、やはり気になるのが月々の利用料金です。でも、料金比較の時に忘れてはいけないのが、「マンションタイプ」と「戸建てタイプ」というキーワードです。

●マンションタイプと戸建てタイプの料金の違い

利用予定の住まいが「マンションタイプ」か「戸建てタイプ」かによって、料金には違いがあります。ただし、この2つはユーザーが選択することはできません。

利用料金に違いが出てくるのは、接続のための光ファイバーケーブルの配線方法や、同時に使用する人数の違いが関係します。

■戸建てタイプ
一戸建て住宅や戸建て型住宅が、このタイプにあたります。

■マンションタイプ
マンションやアパートなど集合住宅の場合は、このタイプにあたります。

【ドコモ光とプロバイダの料金はこんなに分かりやすい!】

ドコモ光が提携するプロバイダには、タイプAとタイプBがあります。わかりにくいと思われがちなプロバイダの料金ですが、住宅のタイプが分かってしまえば、あとはどちらのタイプのプロバイダを選択するか決めるだけです。

【ドコモユーザーならさらにお得!ドコモ光パック割引】

ドコモ光のサービスは、「どこまでもドコモユーザーがお得になる」というのが最大の魅力です。幅広い年齢層のユーザーがお得を実感できるように、設定されたドコモ光パック割引ですが、ここも大きく分けると2つのタイプがあります。

●1人でもお得が実感できるおすすめのパック割引

ドコモの携帯やスマートフォンをご利用なら、1人でもドコモのお得を実感できます。割引額は、たった1人でも最大でなんと-1,100円!

■ドコモパック割引プラン
・らくらくパック
・データSパック
・データMパック
・ウルトラデータLパック
・ウルトラデータLLパック

●家族でシェアしてお得になるおススメのパック割引

家族みんながドコモユーザーなら、さらにお得が実感できます。

■ドコモパック割引プラン
・シェアパック5
・シェアパック10
・シェアパック15
・ウルトラシェアパック50
・ウルトラシェアパック100

【まとめ】

ドコモ光とプロバイダを選ぶなら、【①住宅タイプの選択→②プロバイダタイプの選択→③どこも割引パックの選択】の3ステップで、簡単に自分に合った料金プランを探すことが出来ます。

速度と料金を比較して自分に合ったプロバイダが見つかったら、次はプロバイダの設定に移りましょう。

【ドコモ光とプロバイダ】の気になる速度!

プロバイダの説明を受ける時に、よく出てくるキーワードが「速度」。

インターネット初心者だと、「パソコンやタブレットでインターネットが見られるようになれば問題ないのでは?」と思う人も多いようですが、ほんの少しだけ違います。

プロバイダを決める時にキーワードとなる「速度」ですが、これは「回線速度」のことをいいます。

回線速度とは、「1秒間にどれだけの情報量を送信できるか」を表した単位のことを言います。ですから、インターネットのプロバイダ契約の時には、参考にしておきたいポイントになります。

そこで今回は、ドコモ光とプロバイダの気になる速度について、わかりやすく紹介していきます。

目次

1,速度を比べる時は、どこを見ればいいの?
2,どうして速度がプロバイダを選ぶ時に重要なの?
3,自分に合った速度でプロバイダを選ぶポイントは?
4,ドコモ光とプロバイダの速度とは?

【速度を比べる時は、どこを見ればいいの?】

最近のテレビコマーシャルを見ていると、「キロ」「メガ」「ギガ」という言葉が出てきます。初心者の方でも、このキーワードを聞くと、なんとなくインターネットに関係する言葉だということは、ご存知の方も多いでしょう。

普段の生活ではあまりなじみのないこのキーワードは、インターネット回線の速度を表す単位になります。

まず初めに、基本となる単位と「キロ」「メガ」「ギガ」から説明していきましょう。

●bps(ビーピーエス)
速度の基本となる単位です。インターネットでは、送られるデータ量の単位を「ビット」といいますので、「1bps」と表示されていれば、「1秒間に1ビットのデータを送ることが出来る速度」ということになります。

●「キロ」「メガ」「ギガ」の違い
プロバイダの広告を見ると、bpsの前に「K」「M」「G」がつくことがあります。この「K」「M」「G」は、それぞれ「キロ」「メガ」「ギガ」を表しています。これらは、bpsと同じく、速度を表す単位です。

■もっとわかりやすく教えて!

キロ・メガ・ギガは、1,000を単位で速度を表しています。

技術の進歩によって、1秒間に送ることが出来るデータの量も増えてきました。そのため、わかりやすく表示するために登場してきたのが、「キロ」「メガ」「ギガ」というわけです。

●バイト

データの量を表す単位であるビットと同じで、バイトもデータ量を表しています。

ビット = データの量を表す最小単位
バイト = 8ビットを1単位としたもの

ですから、【1バイト=8ビット】となります。
【どうして速度がプロバイダを選ぶ時に重要なの?】

速度でプロバイダを選ぶ時に、もう一つ覚えておきたいのが、「上り」と「下り」というキーワードです。インターネット回線は、決められた回線の太さの中で2方向のデータが行き来しています。

●下り
インターネットでサイトを閲覧したり、メールを受信する時のデータの流れを言います。
●上り
インターネットでフォームを送信したり、メールを送信する時のデータの流れを言います。

ですから、インターネットを楽しんだりネットで動画を見たい時には、回線が早い方が断然有利なのです。

【自分に合った速度でプロバイダを選ぶポイントは?】

プロバイダを選ぶ時にポイントにしたいのは、料金だけではありません。基本的に、速度が速い方が料金は高くなる傾向があります。でも、インターネットを使う時のニーズによって、速度を検討することも、プロバイダ選びで大切なポイントです。

●簡単なメールのやり取りや自分用のブログがしたい時

1度に送受信するデータ量が比較的小さい場合は、30Mbpsまでの速度でも十分に楽しむことが出来ます。

<こんな方におすすめ>
・遠く離れた場所に住む孫とメールがしたい
・普段はほとんどインターネットを使わない
・動画サイトを見ない

●インターネットを快適に使いたい時

ゲームや動画を楽しんだり、インターネットでオークションやショッピングを楽しむなら、100Mbps程度の速度を選ぶのがおススメです。

<こんな方におすすめ>
・音楽をダウンロードしたい
・WiiやPS3などのゲームを楽しみたい
・気になる場所をすぐに調べたい
・インターネット動画を見たい

●ストレスを感じずにインターネットを楽しみたい時

高画質動画や大容量のデータ通信が必要なコンテンツを利用したい場合には、100Mbps以上の速度が必要になります。

<こんな方におすすめ>
・3D表現を含むオンラインゲームを楽しみたい
・常時インターネットをつないでいる
・ビデオチャットを使いたい
・インターネットで映画が見たい

【ドコモ光とプロバイダの速度とは?】

では、ドコモ光とプロバイダの速度について説明していきましょう。

ドコモ光は、フレッツ光の設備を利用したドコモオリジナルサービスですので、フレッツ光と速度や品質はほぼ同じです。でも、プロバイダとなると、その速度には違いがあります。

●速度が安定しているおすすめのプロバイダ

ドコモ光が提携しているプロバイダの中でも、速度が速く、しかもネットワーク品質に強いおススメのプロバイダがあります。

■おすすめのプロバイダとその速度

●プロバイダの変更を検討しているなら

すでにインターネットを使っているお客様で、プロバイダの変更を検討しているなら、ぜひ一度チェックしておきたいのが、回線速度の測定です。おすすめのプロバイダでも、お住まいの地域によっては、通信速度に多少の違いがある場合があります。

そんな時は、インターネットで簡単に現在の回線速度を調べるサービスがあります。ドコモ光を使いながら、より快適な環境でインターネットを楽しむためには、お住まいの地域の状況をチェックしておくこともポイントの一つです。

【まとめ】
インターネットを楽しむときに気になるのが回線の速度ですが、比較する時のポイントさえわかれば、自分の利用方法に合わせて選択することが出来るようになります。

回線の速度についてわかったら、次は一番気になる料金についてチェックしていきましょう。

 

【ドコモ光とプロバイダ】の設定は?

自分に合ったインターネット環境が分かり、プロバイダと契約を結んだら、次は「プロバイダの設定」に移りましょう。

設定方法は、基本的には契約時にドコモ光から資料が届きますが、初心者だと自分で設定できるかが不安という人も多いのでは?

そこで今回は、ドコモnetを例に、【ドコモ光とプロバイダ】の設定について、わかりやすく紹介していきます。

目次

1,有線LANか無線LANのどちらにするかを決めよう
2,設定のための4ステップ
3,初心者ならぜひ使っておきたい「リモートサポートサービス」
4,どうしても自分ではできない時の「訪問サポートサービス」

【有線LANか無線LANのどちらにするかを決めよう】

インターネットを接続するには、接続方法を決める必要があります。

接続方法には、「有線LAN」と「無線LAN」の2つの方法があります。

最近よく聞く「Wi-Fi」というキーワードですが、これは「無線LAN」を使った接続方法になります。簡単に説明すると、ケーブルを使わなくても、自宅でパソコンやタブレットが接続できるようになる仕組みのことを、Wi-Fiといいます。

有線LANの場合、線がつながるエリアでなければインターネット接続が出来ませんが、無線LANなら、家族がそれぞれ別の部屋にいても、簡単にインターネットを楽しむことが出来ます。

どちらの接続方法にもメリットがありますので、自分の利用方法に合わせて選ぶのがおススメです。

【設定のための4ステップ】

ドコモ光とドコモnetなら、4つのステップだけで、誰でも簡単に接続設定が完了します。

■ステップ1

パソコンとルーターを、有線LANまたは無線LANで接続します。

■ステップ2

パソコンのWEBブラウザを起動し、アドレスバーに【192.168.1.1】と入力し、入力が終わったら[ENTER]キーを押します。

■ステップ3

メニューの[Windows セキュリティ]から、【ユーザーID】と【パスワード】を入力し、[OK]をクリックします。

●ここがポイント!
作業をスムーズに行うために、【ユーザーID】と【パスワード】が書かれた資料は、必ず手元に準備しておきましょう。

■ステップ4

メニューの[設定ウィザード]画面に戻り、ドコモnetから送られてきた設定ガイドを見ながら、必要事項を入力し、最後に[設定]をクリックします。

【初心者ならぜひ使っておきたいサポートサービス】

どんなに詳しい説明ガイドがあったとしても、やはり初めての作業に不安を感じる方も多くいらっしゃいます。

特に女性やパソコン初心者の方だと、「どんなに説明を読んでみても不安」という人も多いですよね。せっかく自分に合ったお得なプロバイダが見つかったというのに、自分で接続できないというだけで諦めてしまうのは、もったいない!

そんな時は、「光リモートサポート」がおススメです。

このサービスなら、インターネットやメールの設定だけでなく、無線LANの設定からプリンタ設定、他にもウイルス対策ソフトの設定や写真や動画をとった時のバックアップ方法まで、ありとあらゆる悩みに幅広くサポートできます。

しかも、初回の31日間は無料で利用が出来ます。まずは、安心して設定のサポートをしてもらいながら、サービス内容に満足したら、月額500円で継続サポートというのも、ドコモユーザーならではのお得なサービスです。
【どうしても自分ではできない時の「訪問サポートサービス」】

リモートサポートだけでは不安というドコモユーザーなら、自宅に直接訪問して設定してもらえる「訪問サポートサービス」があります。

この訪問サポートサービスには、基本の訪問料金に個別メニュー(別途料金発生)をプラスすれば、インターネットだけでなく光テレビや光電話の設定までまとめてサポートします。

インターネット接続を機会に、電話回線やテレビも光サービスに乗り換えるなら、この訪問サポートサービスで一気に問題解決というのもおススメです。

【まとめ】

自分のペースで自由に設定したい人も、初めてだけど一人で設定してみたい人も、安心して最後までサポートしてもらいたい人も、満足できるのがドコモ光のサービスの魅力です。ご自分のスタイルに合わせて、ぜひサービスを利用してみてくださいね。

最後に、「もしもの時の解約」について説明していきましょう。

 

【ドコモ光とプロバイダ】を解約するには?

ドコモユーザーが誰でもお得を実感できるように、サービスや内容を細かく設定している【ドコモ光とプロバイダ】のサービスですが、その分、いざ解約する時に「手続きが面倒」「わかりにくい」と感じる方も多くいらっしゃるようです。

もしもの時のために知っておきたい「解約」について、最後に説明しておきましょう。

目次

1,解約したい時にはどこに申し込むの?
2,解約手続きの流れ
3,解約手続きで必要になるものは?
4,解約する時の注意事項は?
【解約したい時にはどこに申し込むの?】

ドコモ光を解約する時には、「ドコモショップで直接手続をする方法」と「インフォメーションセンターへ電話で手続きをする方法」の2つがあります。

解約日というのは、「解約手続きを行った日」のことになりますので、その点は十分に注意してください。

【解約手続きの流れ】

解約の手続きを行う時は、次のような流れになります。

■ステップ1 解約の申し込みをする

2種類の解約手続き方法のうち、ご利用しやすい方法で解約の申し込みをしてください。

■ステップ2 解約のための工事日を調整する

解約工事の日程を、ドコモ光サービスセンターと行います。立ち合いが必要となる「派遣工事」と、立ち合いなしでも出来る「無派遣工事」のどちらかを選択することが出来ます。

■ステップ3 解約工事の立ち合い

派遣工事を希望した場合は、派遣工事の立ち合いをします。
【違約金について】

解約月の利用料金は、月途中の解約であっても日割り計算となりませんので、1か月分全額請求になります。月初めに解約したとしても、当月分の利用料金は全額発生しますので、解約日にはくれぐれも注意してください。

また、契約を解約する場合には、違約金が発生します。

●戸建てタイプの場合    …  13,000円
●マンションタイプの場合  …  8,000円

次の条件に当てはまる場合は、違約金が発生しません。

■引っ越し先がサービス利用エリア外の場合

■定期契約の最終月の場合
※解約月は開通日が基準となります。ただし、この点は非常に分かりづらいので、事前にドコモショップまでにインフォメーションセンターで確認するようにしてください。

【解約する時の注意事項】

解約後にトラブルにならないために注意しておきたいポイントがありますので、参考にしてみてください。

●ひかり電話を利用している場合

ひかり電話を利用している方で、利用している番号を継続して使用したい場合は、注意が必要です。「ひかり電話→アナログ回線」への移行手続きと工事が終了せずに解約してしまうと、番号が使用している番号は使用できなくなります。アナログ回線工事は、状況によって時間がかかることがありますので、手続きや工事が完了してから解約するようにしましょう。

●プロバイダの解約

契約しているプロバイダによっては、ドコモ光を解約した後も、プロバイダのオプションサービスなどが有料で継続される場合があります。契約したプロバイダによって内容が異なりますので、必ず解約前に契約内容を確認するようにしましょう。

●解約のための工事に立ち合えない場合

契約時の工事と同じように、解約時にも工事があります。事情があって工事に立ち会えない場合は、「無派遣工事」という方法があります。これを利用すれば、回収キットが郵送さますので、取り外した機器類を指定されたサービスセンターに送付してください。

 

万が一遅かったらポイントバック!【GMOとくとくBBのドコモ光】

投稿日:2016年11月17日 更新日:2016年11月18日

投稿日:2016年11月18日 更新日:

Copyright© ドコモ光とプロバイダを一番わかりやすく! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.